制作・活動実績

スポーツ法政

長年の運用で曖昧になってきたルールをシステムとして再デザイン

法政大学のスポーツ新聞部が取材した記事の公開サイト
通常の大学のサークルサイトとは違い、複数のライターによる原稿、写真、対戦成績表など発信する情報量がとても多いサイトです。そのためスポーツの種目ごとにフォーマットが独自仕様となっており、ヘッダーとフッター程度が統一されていましたが記事内はライターごとに違うという形でした。

そこでMovableTypeを使い、原稿や写真を管理画面上から入力できるようCKEditorを導入し、WYSIWYGを入れ公開までのプロセスを短くしました。さらに入力できる写真にも枚数制限を設けて、伝えるために必要な写真に絞ってもらうことでより精度の高い情報に絞ってもらい情報の精度を高くする仕組みを作りました。

公開
2011/05/01
制作範囲
  • デザイン
  • コーディング
  • MovableTypeカスタマイズ
Director
@cafekenta

大量の写真や文字情報の入力を前提としたデザイン

デザインは記事文字サイズは大きめ・行間を多めにし、記事が読みやすくなるように調整を施しました。また、記事や写真をしっかり見せられるように記事エリアには強い色を置かないようにし、なるべく背景色で全体の色味を印象づけるようにしました。

配色は従来のサイトで使用していた法政大学カラーから新聞やその中のロゴで使われている色を調整し、スポーツ法政のブランドを出しながら、学生・スポーツから連想される若々しさ・さわやかを演出しました。

とりあえず繋がっておく

柴田 大樹

Facebook

都内で働くフリーランスWebデザイナー。
4年間Web担当者として、対法人向けECサイトやアフィリエイトサービスのデザインと運用を兼任。2009年からキュープラス株式会社でWebデザイナーとして働き、2013年に独立。

内容をもう少し聞いてみる