Web制作の流れ

Web制作のお問い合わせから公開までを紹介します。
お客様のご都合や予算より前後したり省略する場合もございます。

  1. 企画提案

    お問い合わせ

    • まずはお問い合わせフォームから入力します
    • メールやお電話で折り返し連絡させていだきます

    見積もりの提示

    • お問い合わせの内容を元にサイトの大まかな構成、概算の見積いたします
    • ご予算にかなう内容でしたら、詳細を伺うために打ち合わせ日時を決めていきます

    打ち合わせ

    • 東京都内、近郊であれば直接打ち合わせいたします
    • 遠方でも別途交通費を考慮いただければ可能です。また、Skypeやチャットワークで打ち合わせることも可能です
    • この際にWebサイトに関して不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください

    この時点の納品物

    • Web制作企画書
    • 簡単なワイヤーフレーム
  2. ご契約

    • 構成やお見積りにご納得いただけましたら、契約書を交わし必要な着手金(お見積り金額の50%)を振込いただきます
    • これを持って正式に発注を確定とします
  3. 制作の準備

    レイアウトと配色の設計

    • Webサイトに必要な情報を整理し、詳細なワイヤーフレームを作成します
    • デザインやライティングも方向性を共有し、実際のワイヤーフレームに着色したものを確認していただきます

    この時点の納品物

    • Web制作仕様書(対応ブラウザ)
    • デザイン定義書(デザインの方向性・カラーパレット等)
    • ライティングガイド(どのようなトーンで原稿をするのか)
    • 詳細なワイヤーフレーム

    素材・原稿の準備

    • Webサイトで使用する素材(ロゴ・商材の写真・パンフレット)や原稿をデジタルデータで用意していただきます
    • 多忙で原稿が書けないお客様には別途ライティングの代行費用をいただきライティングを行います
    • パソコンが苦手というお客様には文字の書き起こしもサービスとして承っておりますのでお気軽にご相談ください
  4. 制作

    デザインの制作

    • 詳細なワイヤーフレームをもとに、デザインを1案を制作いたします
    • 要望がございましたらデザインに反映し、ご納得がいただければ2階層目以降のテンプレートを制作いたします

    コーディング

    • デザインをブラウザ上で再現するためにコーディングを行います
  5. 確認・修正

    • テストサーバーに用意したサイトにて、原稿の内容が正しいのかをチェックしていただきます
    • 必要に応じて変更や修正を加えて随時反映していきます
  6. 納品

    • 全ページの確認が完了しましたら、お客様のサーバーへアップロードし納品とさせていだきます
    • 納品後請求書を発行いたしますので、発行月の翌月の月末までにお振り込みください

とりあえず繋がっておく

柴田 大樹

Facebook

都内で働くフリーランスWebデザイナー。
4年間Web担当者として、対法人向けECサイトやアフィリエイトサービスのデザインと運用を兼任。2009年からキュープラス株式会社でWebデザイナーとして働き、2013年に独立。

内容をもう少し聞いてみる